潜在意識で【収入も愛情もUP♪】世界基準の実践心理学で♥未来に安心を💕
潜在意識
株式会社フェリシア(ラク夢オフィス)
03-6869-6343
平日9時~18時

【潜在意識とは】冥途の旅について~死後の世界(潜在意識用語・心理学用語解説)

潜在意識

🌟 安心の女性限定少人数 🌟
💕 99%の変化率 💕
まずは体験入門セミナーでプチ体験

💖 極上の潜在意識をプチ体験♪
「潜在意識体験入門セミナー」

💖 世界基準の実践心理学で未来に
安心を♪
心理学・潜在意識・瞑想・成功哲学
をマスター☆
「潜在意識マスター講座」

💖 お得なセット割引
(入門+初級 16,000円OFF)

(ラク夢セレクトショップへ)

🌺 代表ごあいさつ、プロフィール(月美 まりえ)

🌺 受講生の声/体験談 はこちら
ブログ開設から15年♪ 約2000記事をご覧を頂けます!

🌺 お知らせ(講座日程/キャンペーン情報)はこちら
(ラク夢セレクトショップへ)


潜在意識体験入門セミナー

フェリシアの潜在意識セミナー
◎お申込受付中◎
(ご案内・お申込ページへジャンプします。)
※現在、オンラインと会場を併用し授業を行っています。

オススメ!!
☆【潜在意識:入門】☆
(会場レッスン3時間半)
新大阪【29期】:2020/10/11(日)★満席御礼♪
西新宿【30期】:2020/10/31(土)★満席御礼♪

☆【潜在意識:初級】☆
(通信講座1ヶ月+会場レッスン2日間)
新大阪【54期】:2020/11/14,15(土日)★満席御礼♪
西新宿【55期】:2020/11/28,29(土日)★満席御礼♪

☆【潜在意識:中級】☆
(通信講座4ヶ月+会場レッスン3日間)
新大阪【35期】:1/16(土)スタート♪★満席御礼♪
西新宿【36期】:次回日程調整中★お申込受付中!

☆【潜在意識:上級(プロ養成)】☆
(通信講座1年間+Zoom・会場レッスン60時間)
新大阪【17期】:1/17(日)スタート!★満席御礼♪
西新宿【18期】:2022年スタート予定(全10日間)★お申込受付中!

☆【潜在意識:お金と豊かさ】☆
(通信講座半年+Zoom・会場レッスン)
東京・大阪合同【22期】:2020/12/5(土)スタート!★満席御礼♪

📩 メールが届かない方はコチラ
🌸サプリメントをお求めの方はコチラ



 

こんにちは♪
フェリシアスタッフの小野です🐥

今日も当ブログ
「潜在意識をマスターしよう!」に
遊びにきていただき、

ありがとうございます🌷

 

潜在意識」。

それは、
とても奥深く、一言では表せないものです。

 

「正解」と呼ばれるような
ただ一つの、唯一の「答え」はなく、

潜在意識とつながり、
探求していけばしていくほど、

その答えは無数にあることに
気づくでしょう。

 

そして、

おひとりおひとり、
その方にとっての

潜在意識の真実」と出会います✨

 

 

本日は、

潜在意識マスター講座【上級セミナー】
15期生 さおりさまが
お寄せくださった

冥土の旅について
お届けいたします。💌

 

潜在意識マスター講座【上級セミナー】で
潜在意識の学びをとおして

愛や真理への体験を深めている
さおりさまは

お父様からプレゼントされた
本をとおして
冥土の旅に造詣を深め、

スジャータの粥に真理を見出し、

 

大切な人の成仏を祈ることは
真実の愛であり

故人は自らの死をもって、

大切な生きている者たちに
気づきを与える
きっかけを作ってくれている

という
大きな発見を得ました。

 

そして
大きな愛に心がふるえ、
レポートを寄せてくださいました。

 

さおりさま、
レポートのシェアご快諾
ありがとうございます!

 

それでは、
さっそくご覧ください🌺🙂


冥途の旅について
~死後の世界

冥途の旅について

(お話ここから)

 

釈迦は

人は亡くなると
この世(娑婆)と次の世の間にある
中有という場所で、

この世の業を熟し、
新しい世界に生まれ変わる準備をする

と説いている。

⇒ つまりは
生まれ変わることを前提に
話されているのである!

 

★目標
往生すること
( 極楽浄土に生まれ変わること )

= 生まれ変わりの繰り返しである
輪廻からの解脱

 

極楽浄土には
仏になろうとするものばかりがおり

すべての人を救ってあげようとする
温かい菩薩様のような
心を持った者たちばかりいる。

 

三つの功徳

往生には
三つの功徳の力が必要と言われている

我功徳力
自分のつんだ功徳の力

如来加持力
仏様の引導力

法界力
世界の因縁の力
( 世界とは、
環境や周囲の人などのことで、
それらが絡み合ったもの )

⇒ ③法界力 はまた
自身の功徳につながり、
功徳は循環すると考えられる。

 

十王による裁判

中有の間には
十王による裁判が行われる。

 

罰を与えるだけでなく

罪の重さを悟らせ、
罰の苦痛を与えることによって

罪を洗い清め、
菩薩心を備えるための手助けをしてくれる。

 

この後
十王までの道のりを説明するが、

罰については
どれも厳しいものであるが、割愛する。

なぜなら

釈迦は自業自得を説いており、

罰は自らが作った幻である
と説いているからである。

つまり
業は自ら気づき、

その結果も
自らが受けなければならない

ということである。

 

⇒ 厳しい十王の姿や、罰は
戒め的な意味合いが強く

悪い業をしないための
生きる者への脅しにも感じる。

 


自らの行い。
善悪の区別はとくにない。
カルマ。

三業
体、口、心での行い

 

 

十王までの道のり

(1)初七日

死出の山を越え、
秦広王(不動明王)の裁判

殺生の罪を問われる。

→ 人を殺さずとも、
生きるために
さまざまな生物の命を
いただいている自覚をもつこと。

また
命を奪っている自覚がないことも
と言っている。

 

(2)二七日

賽の河原、三途の川を越える。

三途の川は
先ほどの殺生の罪の重さ、功徳により
渡る場所が変わる

と言われている。

後、
初江王(釈迦如来)の裁判

人に与えた苦しみを問われる

 

(3)三七日

宋帝王(文殊菩薩)の裁判

邪淫の業を問われる

邪淫
男女の正しい生活から外れた
邪な行為

 

(4)四七日

先ほどの業を表す川
業江を経て、

五官王(普賢菩薩)のもとへ

体と口が作る
7つの悪行を天秤で測る。

【7つの悪行】

殺生
生きものの生命を奪う。

偸盗
与えられていない他人の財物を取る
=盗み

邪淫
よこしまな男女の交わり。

妄語
嘘をつく。でたらめを言う。

綺語
心にもないことを飾り立てて言う。

悪口
他人を傷つける言葉。陰口、中傷。

両舌
自分都合で相手構わず言う。

 

(5)五七日

閻魔大王(地蔵菩薩)の裁判

小善小悪の審理

普段の行いが重なって、
大きな問題を生み出すと考えている

◎浄玻璃の鏡
生前の行いをすべて映せる鏡。

意識や記憶にない場面、
心の風景まで映せる。

行為だけでなく、
無意識=潜在意識まで裁かれる。

 

(6)六七日

変成王(弥勒菩薩)の裁判

犯した罪業は
自ら刈り取らなければならないと説き、

三つの道から
自分に合った道を選ばせる。

三つ辻
① 善道〜往生?
② 中の道
③ 悪道

 

(7-1)七七日

②中の道、さまざまな苦労を経た③悪道は
太山王(薬師如来)のもとへ

口業の最終審判

=今までの審判を受けての反応
薬師如来は口先だけではなく、
心の中の言葉まで読める

・心より恥じ、心改まって、清らかになる者
・覚悟が出来ず、世間に未練を残す者
・面従腹背する者
・ほっとしている者
・心に響かない者
・怒りを心に含む者


六道が決まる

【六道】
① 天人
② 人間
③ 修羅
④ 畜生
⑤ 餓鬼
⑥ 地獄

※ ④ 畜生 ⑤ 餓鬼 ⑥ 地獄
⇒ 三悪道

 

(7-2)六道の鳥居

この世は
六つの世界からできている
といわれ、

きちんとすみ分けられており、
互いに混じることはない。

また、
自分の業が尽きるまで
出てこれないといわれている。

 

①天人界

兜率天というところにある。
釈迦がこの世に生を受ける前にいた場所。
兜率天の上には梵天様がいる。

梵天
世界を生み出した神

 

②人間界

須弥山という山の南、贍部洲にある。

 

③阿修羅界

須弥山という山の北の大海の水底にある。

好戦的で戦いに明け暮れる生活を
送っている者たちの世界。

阿修羅王

敵を求めて好き勝手に戦いを挑み
暴れまわっていたが、

帝釈天に敗れ、
須弥山から追い落とされ
仏の教えに触れ改心。

 

④畜生界

獣類だけでなく、鳥や魚、虫も含む。

本能に生き
お互いを食らい、殺し合い

自らが何者かも知らずに
ただひたすら生きている。

痛い事もの苦しい事も
次々起こるので、

必死に苦痛をこらえ、
苦痛から逃げることしか意識になく、

喜びがあっても
喜びであることを知らず、

心そのものがいつも闇の中

 

⑤餓鬼界

汚いところに住み着き、
糞尿や鼻水、汚泥そのほか汚物を食す。

食べられるのはいい方で、
食べようとすると口から炎が吹き出たり、

やっと食べ物が口に入っても、
喉が針のように細くて喉を通らないほど
よくよく飢えに苦しむ。

いつも腹を空かせているが
満足に食べられないので、

栄養失調で、腹が山のように膨れ上がり、

身動きもできず
ひたすら汚物の中にうごめいている。

 

⑥地獄界

刑罰を受ける苦しみの世界

 

輪廻の中へ

 

(8)百ヵ日

成仏を目指す覚悟ができたものは
平等王(観音菩薩)のもとへ

世間の音を自ら観じ真実を悟らせて
成仏させようとさとす。

善人悪人と区別することなく
憐れみと慈しみをもって導く。

 

(9)一周忌

都市王(勢至菩薩)のもとへ

智慧を授けてくれる。

智慧
気づき、物事の真理

 

(10)三回忌

五道転輪王(阿弥陀仏)のもとへ

極楽浄土

 

天人界と極楽の違い

天人界
苦しみがなく快楽に満ちているが、

快楽に満ちている為
仏教の教えに出会うことが出来ず、

解脱することができない。

また、
寿命があるため、

天人界から抜ける時は
地獄の16倍の苦しみがあるという。

 

極楽
煩悩から解放され

六道輪廻からも解脱することをいう。

 

 

釈迦の教えとは

仏教では
ここまで長々と

死後の世界について
生きている人間に対して説いている
のであるが、

なにが言いたいのか。

 

そもそも
死後の解脱について説かれているが、

釈迦は
生前に解脱しているのである。

 

つまり、
四苦の一つである「」を使って

生きている私たちに
何かを説いているのではないか

と考えた。

 

スジャータの粥と「愛」

釈迦が悟りを開く少し前からまとめてみる。

 

🌿  🌿  🌿  🌿  🌿  🌿  🌿

骨と皮だけになるまで苦行をするが
悟れない。

死にかけているところに
スジャータという女性が現れ、
粥を提供

菩提樹の下で、
悪魔の邪魔が入りながらも瞑想し、
悟りの境地を味わう

 

🌿  🌿  🌿  🌿  🌿  🌿  🌿

 

このときの悪魔とは
自分の中の邪念だと考えられる。

いわゆる、
魔がさしていたわけである。

すでに真理を見つけ
それに確固たる自信をもって

瞑想に入ったのではないかと考えている。

 

その真理とは何か。

 

私は
それは
スジャータの粥なのではないか
と思う。

 

その

スジャータの純粋な、
死にかけの人を助けようという
気持ちなのである。

 

仏教には残念ながら、
という言葉はないのだが、

私はそれは

潜在意識の
一番深いところから湧き上がる光

言葉にするならば
」なのではないかと思う。

 

仏教のにおいては
という言葉ではなく

慈悲という言葉を使っている。

 

慈悲

世の中における全ての人々に対し、
苦しみから解放し
楽を与えたいとする菩薩心

これは先の百ヵ日の観音菩薩から
いただくものでもある。

物事を客観的にみる
真の智慧によって裏付けられた愛。

 

つまり

智慧なくして慈悲はなく、
慈悲無くして智慧はない という、

一体のものである。

仏とは
慈悲と智慧であると言われている。

釈迦は
スジャータによって

真実の愛である、慈悲を受け、
確信をもって瞑想に入ったのではないか。

 

そして瞑想により
いわゆるワンネスというところに
つながり、

自身が世界の一部であり、
自身が世界である という

宇宙の真理である智慧を授かった。

 

やはり
智慧を得たのも、
一人ではなせないことであった。

 

大いなるものの力とでもいうのか、
与えられた環境、世界の力であるが、

世界が自身であるのであれば、
真理に「気づいた」となるだろう。

 

仏教ではこのすべての流れを
仏様のお導きとよくいう。

 

冥途の旅と娑婆世界

さて、ここで
死後の世界の話に戻るが、

冥土の旅路の百ヵ日で
観音菩薩からいただく慈悲

一周忌で勢至菩薩からいただく智慧
の流れ

ちょうど
釈迦の悟りを開く流れ
同じようにかんじる。

 

それまでの
長く身を痛めつけた旅

釈迦の苦行を思わせる。

 

なぜ
生きている私たちに
死後の世界を見せるのか。

冥途の旅

釈迦が悟りを開くまでの旅
暗に示しているのではないかと、

 

また、
釈迦が特別なわけでもなく、
死がみな平等に与えられているように

悟りの旅もまた
平等に分け与えるられていること、

釈迦同様
生きているうちに
世界の真理に気づけること
教えてくれているように感じる。

この冥途の旅の
地獄のような体験は

実は
日々この娑婆世界でも
起こっていることではないか。

 

冥途の旅では
体に大変な罰を受けるのであるが、

それは
早く物質的なところから離れよ
とのメッセージ性を感じる。

 

その罰を与える十王であるが、

自業自得の真理からいくと、

他人に罰をあたえることはできない
のである。

もし、
それができるのであれば、
悪人を見たとき、

私は
地獄のような罰を
与えることができるのである。

 

つまり十王

自分自身の潜在意識
全てに気付かせる愛の存在であり、

それは世界であり、

自分自身であるのだと考える。

 

六道
娑婆世界を表しており、

自分を知る為の指標
してくれているのではないか。

 

仏教界では

ワンネス真実への目覚め真正の愛

涅槃と言ったり、
浄土といっているのではないか。

 

 

あとがき

 

なぜ今回、
冥途の旅」を課題に選んだのか
というと、

今の私の仕事(セレモニースタッフ)
にあります。

 

基本的に法話は導師が行いますが、

ご遺族と故人の旅支度をする際に
四十九日まで旅の話や、
法要の話をすることがあります。

 

私がこの仕事についた
一つのきっかけは、

父が脱サラをして坊主になったことです。

 

父に仕事の話をした際に
もう少しちゃんと勉強したほうがいい
と渡された本を

今回は出典に選ばせてもらいました。

 

渡されてから一年ほど読まずにいましたが、

今回、何かヒントがあるかもと
読み始めました。

 

読んでいても全くピンと来ず、

まとめていても
いまいちピンと来ていませんでした。

 

書いていて
頭では全く理解できていませんが、

ところどころで
お腹のそこから湧き上がる熱いもの、
光を感じます。

 

それは

スジャータが
粥を与えた時のものに重なり

釈迦が
それを受け入れた時のものに重なり

 

自然と涙が溢れ、

それを考察に
著させていただきました。

今では
たくさんのお経が伝えられています。

 

私の思った考察が
合っているかもわかりません。

真意は分かりませんし、

僧侶が
どう理解しているのかもわかりません。

 

大切な人の成仏を祈ることは、
真実の愛を感じます。

その力は
故人の成仏の力となると、
また自身の功徳にもなります

 

また反対に

故人は自らの死をもって、
大切な生きている者たちに気づきを与える
きっかけを作ってくれている

と考えると

それも
大きな愛を感じずにはいられません。

 

大切な人に
自分の死を見せることも

大きな功徳になるのではないか
私は思います。

まさか
ここまでの超大作ができるとは
思っていませんでした。

それもまた
仏様のお導きなのかもしれません。

 

 

出典

『 生死のなかに仏あり
ー 十三仏と十王のはなし ー 』

著者 渡辺明照 北樹出版

 

(お話ここまで)


 

さおりさま
ありがとうございました!

潜在意識とは、奥が深いものです。

 

あなた自身が
あなたの潜在意識につながることで

あなたにとっての
潜在意識の真実を

知ることができるでしょう。

 

あなたにとっての

この世の真実

生まれてきた理由

あなたの人生のミッションにも

目覚めることができるでしょう。

 

ぜひあなたも
フェリシアの潜在意識セミナーで

潜在意識を探求して

あなた自身の潜在意識の答えを
見つけてくださいね♪💕😄

 

本日も最後までお読みいただき
ありがとうございました🍀

 

📌 潜在意識マスター講座【上級セミナー】のご案内・お申込みはコチラ♪

🍀 フェリシアの潜在意識セミナーがはじめての方は
潜在意識体験入門セミナー や 潜在意識マスター講座【初級セミナー】
まずご参加ください。